コンテンツへスキップ

私は最近、草野球を始めました。

小学校時代に少年野球をやっていましたが、中学・高校・大学と野球からは離れておりました。

現在、30歳ですが、きっかけは同窓会で再開した元野球部の同級生に誘われたからです。

元々、運動神経の良かった私。普段の仕事も身体を使う仕事なので、特にブランクを心配はしていませんでした。

ところがコレが大間違い。何とキャッチボールすら、まともに出来なくなっていたのです。

考えてみれば少年時代の私は、「ボールを投げる」という行為を特に意識して行った事はありませんでした。

ボールを持つ。投げる。頭の中はそれだけ。「どうやって投げるか」などと考えた事も無く、自然に当たり前にやっていました。

いざ数十年振りにボールを投げたら大暴投。愕然としました。もう自分の身体では無いかの様な錯覚に陥りました。

今は少しづつマシになってきたものの、少年時代とのギャップに苦しんでおります。ただ、久しぶりのキャッチボールはとても気持ちが良かったので、もう少し続けてみようかと思います。