コンテンツへスキップ

勉強をしました。脳下垂体前葉からは、さまざまな内分泌腺を刺激するホルモンが分泌されます。甲状腺刺激ホルモンが分泌されると、甲状腺からホルモン(チロキシンなど)の分泌が促進され、細胞での化学反応が促進されます。

また、このホルモンの血中濃度が高くなると、脳下垂体前葉は甲状腺刺激ホルモンの分泌を抑え、結果として細胞での化学反応も落ち着きます。このように最終の生産物や、そのはたらきの効果が前の段階(器官)に戻って作用を及ぼすことをフィードバックといいます。腎臓での水分などの再吸収は、ホルモンのはたらきで調節されています。このようなことを学びましたが、知らないことを知れて良かったなと思いました。勉強になりました。