コンテンツへスキップ

10代の頃から華やかでキラキラとしていた宮沢りえさん。デビューした時から飛びぬけた存在感があり、女性からも多く支持を集めています。これまで私生活では色々とありましたが、結婚・離婚した後現在はV6の森田剛さんと再婚されています。その宮沢りえさんのことを最近ワイドショーが取り上げており、それが「トレードマークが消えた?」という内容だったのです。

トレードマーク?と思ったのですが、どうやら鼻の横にあるほくろを除去したという事だったのです。少し前にCMで流れていた宮沢さんを見て、いつまでも綺麗な人だなぁと思って見ていましたがほくろの事は気づきませんでした。わざわざ若いころの写真を持ち出して来て比較し、宮沢さんのほくろが大きくなったと指摘していました。医師まで登場し、「レーザーで除去したのでしょう」と解説していました。

宮沢さんにとってほくろがどのような存在だったのかは不明ですが、ほくろってある場所によって印象が変わるのでもし宮沢さんが悩んでいたならば気持ちはよく理解できます。私には大きく目立ったほくろはありませんが、数はかなり多くできることならば消したいぐらいです。ほくろがない女優さんって多いですし、やっぱりなければない方がいいなと感じました。

火の玉サッカーや岩の持ち上げコンテストなど、世界にはたくさんの珍スポーツがありますが、これらは相当な危険を伴い、誰もが気軽にできるわけではありません。 そんな中、性別や年齢、体格も関係なくできる「みかんの皮飛ばし」という珍スポーツがあります。

投げる皮の大きさや形、投げ方は関係ない「みかんの皮飛ばし」は、どんなみかんを選ぶのか、どうやって投げるのかをよく考えなければなりません。 地味でつまらなそうですが、様々な要素がうまくかみ合ったとき、驚異的な記録が生まれる意外と奥が深いスポーツです。

たかが「みかんの皮」と侮ることができません。 うまい人は数十メートルも飛ばす「みかんの皮飛ばし」が行われている場所は、日本にいくつかあります。その中でも静岡県藤枝市の小さな集落が点在する瀬戸谷地区で開催されるイベント「せとやまるかじり」で行われる「みかんの皮飛ばし」が有名です。 子供や女性、男性のように、複数のクラスに分かれて飛距離を競うこのスポーツは、2012年の男性部門最高記録が42.1mだったそうです。 どんな投げ方をするとそんなに飛ぶのか、見てみたかったです。

「面白そう」と思った人や、興味を持った人は、“百聞は一見にしかず”です。 ネットに載っている情報を調べてみましょう。 機会があればイベントに飛び入り参加してみるのもよいかもしれません。

今日はポイントサイトのポイントを換金しました。ポイントサイトのポイントは先月から沢山貯まっていたのでそれをすべて換金してしまいました。

私の性格上なんだか手元に残しておくと気持ちが悪くなってしまいますから、やっぱりすぐに換金できる額になったら換金してしまおうと思っています。

中には何十万と稼いでいる方がいると思うのですが、そういう方のようになりたくて今頑張っています。でもなかなか友達になってくれる方もいず途方に暮れています。もう少し頭をひねらせてなんとかやっていきたいなと思っているのですがまだまだ止まっている段階です。

私は何と言うのでしょうか、商売には向いていないのかななんて自問自答してしまいますがそれでもやっぱり生きていくためにはお金が必要ですし、世の中お金お金お金お金という感じなのでやっぱりしっかりと稼がなければならないと思っています。

ただ、今は子育て中、子供二人を抱えるお母さんですので外で働くということがなかなか出来ていませんが世の中にはそんなことをいっていずに働く方が多いので私も頑張らなければならないなと思う毎日を過ごしています。

なんとかもう少し自分に体力をつけて子供を出産する前までに戻りたいなと思っています。