コンテンツへスキップ

2月に会って以後、お互い歳月が取れずにメルアドの遣り取りは連日していたのですが、強敵直会う機会には恵まれず、ついに過日のGWの中央、3か月あかしで親友と巡り会える項目になりました。
出会う時はいつも彼女が私のうちにマッチに来て、真昼にインドメニュー専門店に行きカレーを食べてカラオケに行ったりするが、先日はゆっくりお互いに話したいねと言っていたので、私の家に戻って来てから、私のルームで物語を通じていました。
ちょうど姉とママが見物をめぐっていてうちを空けてあり、父親と自分と飼い猫しかいなかったので、親友には「お土産持って来なくて良いからね」と言っていたのですが、やはりいつもと同じようにデザートを買って来てくれて、「毎度ごめんね、別に気持ちを使わなくても良かったのに」と謝ったんですが、「うちにお邪魔させてもらうから、これくらいさせてよ」と言われ、うれしく頂戴しました。
昼下がりからブルーレイ鑑賞をしたりホームページを見たり楽曲を一緒に聴いたりしていたんですが、気づけばサパーの時間になっていたので「何かお弁当でも買いに行こう」という話になり、コンビニエンスストアに出掛けてから帰って来てまた物語していました。そうして気づけは夜中の3季節過ぎになっており、「そろそろ帰った方が良いんじゃない?眠たくない?」と尋ねると「まだ大丈夫」と答えされ、またあれこれと申し立てをお互いにしていました。
原則朝方の7ところなってから「そろそろ返るわ」と親友が腰を上げたので、「長年付き合わせてごめんね」と詫びると「自分が長居させてもらったから」と逆に謝罪され、「じゃ、いつか巡り会えるのは8ひと月のお盆かな?」と約束して、帰っていくのを見送りました。
次回「先日は遅くまで有難うね、楽しかったよ」とメルアドを送り、レスポンスで「私も久しぶりに気分転換できて楽しかった」とあったので、快適しました。
次に出会えるのが楽しみです。