コンテンツへスキップ

私の住んでいるところでは、春になると野草のネトルが生えてきます。そのさっきっぽの若い芽だけを積んで、乾燥させてお茶を作ります。

ネトルは、うっかり素手で触ると、手に激痛が走ります。細かい棘が茎と葉っぱについていて、Gパンの上からでも、うっかり葉っぱに触れると「痛っ」となります。ぎ酸という痛みを引き起こす物質がその痛みの正体らしく、ヒリヒリした痛みはしばらく続きます。

晴れているのに、長靴、ゴム手袋をして、完全防備で、柔らかなさっきっぽのめを積んで、スーパーの買い物袋に詰めること1時間。2袋をいっぱいにして、家に帰りました。

積んだネトルの新芽を、丁寧に水洗いし、乾かしてから、一部は夕飯用の天ぷらに。残りは全部ディハイドレーターに入れて、乾燥させてお茶を作りました。

ネトルの棘は、加熱したり、乾燥させたりするとなくなるみたいです。素手で触っても大丈夫になります。

ネトルの天ぷらは絶品でした。野草独特のちょっと癖のある山菜のような香りがふわっと口の中に広がります。これを食べると春を感じられます。

お茶は一晩乾燥させて出来上がりました。それをジップロックに詰めて、1年かけて飲んで行きます。花粉症にいいとか鉄分が取れるとか言いますが、私は独特のお茶の香りが好きで飲んでいます。

明日は急に遠出することになりました。知り合いの方でわたしの地元で秋に大きなWSを企画されている方がいます。全国各地どころか語学が出来るので、海外にも平気で行かれる方なのですが、前から今週の間で一日下見に付き合ってほしいと言われていました。

やりとりしている間も海外に行っておられて、戻られてからも地方のWSに行っておられたので、話がやや途切れ気味でしたが、今週はゆっくり出来たのか、昨日の夜と今日の朝に掛けて怒涛のやりとりがありました。わたしも希望に合う条件の場所を探していましたが、場所が二転三転しけっこう大変でした。

しかも途中で観光したい場所もあるとのことで、最初に案内しようと思った場所とは全然逆の方向に興味が向いていました。言い合いをしても仕方がないので、転んだ方向へ進んでおきました。

もういっそ、その観光したい場所も秋のWSの時にも入れ込んだらいいのにと思って、その観光希望付近の場所で宿泊やWSの出来るところを探しておきました。

自分でも探しておられたので、2人で探すと色々出て来ました。やっと昨夜の遅くに候補が決まり、今日の朝から下見希望の電話をされたようです。色々迷走していた感じでしたが、その辺の行動力はさすがですね。もう一人、WSの案内係をされてる方を連れて来られるようなので明日は3人で行って来ます。フェリーにも乗るので寒さ対策しておかなきゃ。

よくTVなどで「何処まで許せる?」などといった浮気に関する街頭インタビューなどをしていますよね?

私はヤキモチを妬く妬かないは別として、判断するのは行為など全て「内緒にした」または「事前に言わない」のがアウトだと思っています。

キス以上は言ってもアウトですけどね!

2人きりで会うとか個人LINEで話すとか、極端言えば複数でもプライベートで会うことすら嫉妬してしまう私なんですけど、主人によってだいぶ慣らされたんですよ。

というのも、私の主人は少し価値観が変わっています。

出会った当初から携帯電話の電話帳は女の子のほうが多かったですし、2人きりで女の子と出掛けるのも日常です。

そんな主人ですので女性と2人きりで飲みに行くこともありますし、女性を交えた少数グループで泊まりの旅行や泊りで飲み会なんてこともあります。

その飲み会で「ポッキーゲームした」と聞いたときは流石に自分の許容範囲外でしたが(苦笑)

私の気持ちをわかってもらおうと思っても、主人は私が同じことをしても平気なので全然無駄でした。

なので私は主人にヤキモチを妬かれた事がありません!(自慢にもなりませんが 笑)

全然違う価値観なのである意味面白いですが、主人と付き合ってからかなり忍耐強くなりましたね~

カロリーオフしながら食事を楽しめるレシピのアイデアなんてものは、昔からたくさんの出版物で特集されていることですが・・・いまやネットが発達してレシピサイト、個人のホームページなどでもたくさんの発想が得られますね。

自分が「まずい」とか「ダイエット食でみじめ」と思わずに美味しく食べられるカロリーダウン方法は、①やきそばに白滝を紛れ込ませる。野菜も多くして、やきそば特盛り・大盛りで遠慮なく食べられます。麺より先に投入して、味はしっかりつけることがポイントです。

②おやつはバナナ!!バナナのカロリーおよびGI値は、お菓子に比べてすばらしく優秀です。食間や夜に数本食べたとしてもたいして問題なし。腹持ちもよく、栄養面も食物繊維も優秀な健康食品、甘いし歯応えがあり満足感もあります。

③炒め物に肉でなく「肉みたいな大豆製品」を使う。レトルトでも出てます、使いやすいです。

④「やっぱお菓子が食べたくてたまらない」の場合、どか喰いせずできるだけ分割します。10時・3時・5時とか。あとでまた食べられる♪と思うと、1袋食べ切らずに取っておけたりします。普通に生活していても誘惑が多いですからね。工夫してやっていきたいです。