コンテンツへスキップ

私は最近フェイトグランドオーダーというスマホアプリにはまっています。

もともとこのゲームには興味があって以前に何回かプレイしたことがあるのですが、重くて電池消費が激しいので何回もインストールとアンインストールを繰り返していました。

もう一度プレイし始めた理由としては、

最近充電器もう一つ新しく購入したので、あまり電池を気にすることがなくなったことで電池を気にしなくても良くなったのが一番大きいのですが、もう一つは原作のフェイトステイナイトをプレイしたことがあるからです。(アタラクシアはベスト版を買おうと思います)

原作をプレイしたことがあるお陰で、世界観にストーリーの重厚感やキャラクターの魅力がグランドオーダーでも見られると思ったからです。

また、3つめとして昔からの友達がプレイしているので話しの種にしようと思いました。

最近始めてぐだぐだ本能寺しかイベントは経験してないですが中々会話もネタがあって面白かったのでぐだぐだ明治維新も配布サーヴァントとストーリー両方ともすごく期待しています。(個人的に配布サーヴァントはアサシンだと予想してます)

また、私は当時あんまり興味が無くて見ていないのですが、最近はアニメ化もされたので、そちらも是非見てみたいです。

なんでもかんでも「差別問題」に取り上げていいものかということを感じました。基本的に男性保育士の女児に対する「着替え」は母親や普通の女性から見てもNG感が強いと思いますね。

だいたい、育児については昔から女性のほうが得意にできていることを考えると、子ども心にも男親が子どもに着替えをさせている感が強いです。

でも、いつの頃から育児は「母親の仕事」という意識も薄れてきたのでしょうか?育児を仕事と認めないのはなぜなのでしょうか?男親が外で仕事をしてその稼ぎによって「母親は安心して子どもを育てることができる」そんな時代があったのです。

しかし、男女平等という名のもとになにもかもがゴチャゴチャになってしまった感じも強いです。子どもは幼ごころにもう男の子、女の子というのを意識しはじめていることも多いです。そんな中、男性保育士が女児の着替えをさせているのは気になって仕方ないところです。