コンテンツへスキップ

お笑い芸人、ノンスタイルの井上さんが当て逃げ事故を起こしました。顔は不細工だけどポジティブキャラで人気になっていました。ですが、今回タクシーへ追突した後に逃げてしまうという失態を犯しました。「いい人」というイメージがあり、普通の感覚の人なんだなと勝手に思っていましたがそうではありませんでした。
事故を起こした時、パニックになりますが逃げようという考えは普通はありません。ですが、井上さんは逃げてしまいました。タレントという職業がどうであれ人としてやってはいけないこと。いくらタクシー運転手さんが井上さんをかばっていても見る目が変わってしまいました。今後、テレビを見ていても先入観で見てしまう可能性があります。

私は昨日、サッカーW杯アジア最終予選の日本対サウジアラビア戦の一部をテレビで見ました。サウジアラビアはなぜか試合終了が近づくにつれて勢いを増してきて、日本が2-0でリードしていたところ、後半45分に1点を返されてしまいました。その後もサウジアラビアは果敢に攻めてきて、ナイスシュートを撃ってきたりしたこともありました。しかし、辛うじてゴールキーパーが食い止めたので、日本は2-1で何とか勝利しました。ロスタイムも長く、試合終了近くは見ていてハラハラしました。

結果としては日本が勝利しましたが、サウジアラビアは逆境に強いと思いました。

話は自分自身のことに変わりますが、自分が逆境に立たされたら、少なくとも今までの自分ならふてくされて投げやりになっていました。今でもまだそういう傾向があるけれども、できるだけ色々なことを乗り越えて強くなっていきたいです。

私は結婚前は、4人兄弟とお母さんとの5人家族でした。

私が中学3年生の頃に父親の浮気が原因で両親が離婚。私たち兄弟は当然母親についていきました。

それから今現在に至るまで、母親と喧嘩したり兄弟と喧嘩したりしたことが一度もありません。

休みが合う週末などは今でも家族みんなで出かけたりしています。

私は4兄弟の1番上であとの3人はみんな弟なのですが、弟らも全員全く反抗期などはなく父親がいなくても本当に最高に幸せな家族だと思っています。

こうやって毎日幸せに家族仲良く暮らしていけるのは、過去の辛い経験があったからこそ、同じ思いを共有しているからこそだと思っています。

恐らくこれからも環境が変わっても仲良く暮らしていけると思います。