コンテンツへスキップ

煙草やめるくらいなら人間やめます

17歳で愛煙家になってから、早20年が経とうとしています。今さら、両親が禁煙しろと言い出しました。

絶対に無理です。

私にとって煙草は精神安定剤のようなもので、もう手放せません。いつも色々な方に話すと笑われてしまうのですが、同じく禁煙を命令した元カレに、

「煙草やめるくらいなら、あんたの彼女やめます」

と言い、本当にそのまま別れたくらいなのです。

やめる理由がどこにありましょう。お酒を飲むときは煙草がつまみ。大好きな珈琲によく合う煙草。気分転換に煙草。とりあえず起きたら煙草。

私の生活は煙草が無くては成り立たないのです。

喫煙者としか仲良く暮らせそうにないという理由で、両親とは同じ家には住んでいません。

二人の住む家の中では喫煙しないし、何の迷惑もかけた覚えがありません。

母曰く、印象が良くない、だから結婚できない、との事ですが、愛煙家でも結婚した女性を、私は数多く存じ上げています。

今だって、彼氏がいない訳ではありません。彼氏も喫煙します。

お互いにまだやりたい事があって、籍を入れる予定は全くありませんが、近々 同棲しようとしていて、一応その御報告をしようかと思っていたのですが。

面倒だから親には何も言わず、引っ越してしまおうかと思っています。

17歳だった私には禁煙しろなんて一言も言わなかった両親が、今更いったい何故?

彼氏は、親御さんには挨拶に行くと行っていますが、会わない方が良いのではないかと思います。

喫煙するし。

そこで印象が良くないと言われたら、私はどうフォローすればいいのやら。

とにかく禁煙しません。煙草やめるくらいなら、人間やめます。