コンテンツへスキップ

今日は下の子がそろそろ離乳食を開始する頃になるので、離乳食をあげてみました。結構たくさんあげてみようと思ったのですが、初めてのこともありますし、何かあったら困りますので、少しだけあげることにしました。少し上げたところで変な顔をしたので、きっと今まで食べたことのない味なのでそうなのかなと思いました。少し時間をあげて、子供に異変がないかどうかを待ちましたが、大丈夫の様です、ただ、顔にかぶれのような感じのものもしたので、きっとそれは何かの反応だと思って様子を見てみようと思いました。

明日はリンゴの果汁をあげてみようと思っています。この間も挙げてみたのですが、リンゴの果汁は何ともなかったのでもう一度挑戦しようと思います。リンゴが一番あげやすいですね。やっぱり定番と言いますか、色々な飲み物も売られていますが、私は家にある果物のリンゴをあげることが一番いいかなと思っています。すりすりとすりおろした後の果汁をあげるのですが、すりおろしたものが余ってしまいますから、それは上の子にあげようと思っています。上の子はリンゴが大好きなので助かっています。リンゴ食べたいと毎日のように言ってくるので果物が好きなんだと思います。

先日、「ズボラーちゃんのたのしい朝飯(クッキング:小田完全規子、文言:大野正人)」を読みました。こういう正式は眺めているだけでも充分におかしいのですが、こういう中にでてくるくだものサンドを一回マイホームでもやってみよう、とふと思い立ち、活用に移してみました。

正式では、8枚切りの食パンを使いますが、割り引きしていた普通の6枚切りのパン、中に差し込む物体も本来は缶詰のくだもののモイスチャーを切って取り扱うのですが、面倒なのと近年暑いのでちょうどマンションにあったキゥイを細く切って少しだけ砂糖をかけてレンジでチンしたものを代用しました。生クリームは市販の、すでにホイップされていて絞るだけで使える物体。これは正式と同じです。のち、耳は一環切り落としました。

総括。おいしかったです。キウィのすっぱさが生クリームの甘さとちょうど嵌る。夏季の早朝にちょうどいい甘さ。そうしてもちろん食パンとしているので、おなかにも食べ応えがある。前日にキゥイの下ごしらえと食パンの縮小はしましたが、それほどメソッドはかからず、美味しいものが出来上がりました。

クリームをいれすぎるとあふれてしまったり、ともちろん、コンビニエンスストアなどで販売されているくだものサンドにはかなわなかったのですが、私自身の誕生日の朝めしはもしかしたらこれでいいかも、と思いました。

今日は、約一か月ぶりに美容院へ行ってきました。ダディーが役割が平日に子供を見ていてもらって、行ってきました。美容院へ向かう自身は一か月のうちに何度も行くと思いますが、私の場合はそこまで窮屈ので、毎月だけのご褒美という事でする。美容院へ行っている間は、子供のことを考えずにリラックスできるので、結構刺激の射光になっています。今日は、いつも担当してもらっているお姉さんと沢山筋道をしました。今日は整骨院と整体の違いを教えてもらいました。あたいはまだ整骨院や整体に行ったことがなくて、どういった見方か教えてもらったのです。

そのお姉さんはよく行っているそうで、可愛らしく知っていました。整骨院と整体の違いは、整骨院は何かケガをしたために正すための設備で、整体は自分の体の偏りを治したいという自身が出向くサロンだというポイントでした。けど、そのお姉さんは両方に行かれたことがあって、整骨院の方が安くやってくれたと言っていました。故障か何かのために直すという事で保険がきく?だかなんだかで安くやってもらえたそうです。肩から背中にかけてとてもだるくてわずらわしいので、私も近々行きたいとしています。ちょっと緊張します。

今でこそ餅はスーパーなどでいつでも買えるようになりましたが、昔は冬が主役でした。 そんな餅の色々な食べ方を紹介します。

私が正月に食べるお雑煮には、薄口醤油の汁に焼いた角餅と、大根、人参、ごぼう、三つ葉、鶏肉が入っています。 地方によって異なる汁と餅は、味噌味や丸餅があります。

1月11日に行われる鏡開きでは、砂糖で甘く煮た小豆の汁の中に、供えていた鏡餅を入れたお汁粉を食べます。 寒い日に食べる甘いお汁粉の美味しさは格別です。

ちょっと小腹が空いたときに食べたくなるのが焼いた餅です。 今ではどこの家庭にもあるオーブントースターで焼けますが、昔は石油ストーブの上に置いた網で焼いていました。 焼いた餅に醤油をつけ、海苔を巻いて食べます。

余ってしまい、古くなった餅を油で揚げた、少し膨らんだ揚げ餅は、醤油をかけた大根おろしにつけて食べます。 揚げ物に大根がとてもよく合い、大根おろしをつけた揚げ餅は、いくらでも食べられそうです。

油揚げの中に餅が入った餅巾着は、寒い季節に欠かせないおでんの種です。

このように、色々な食べ方がある餅も、工夫次第でもっと美味しい食べ方が見つかるかもしれません。 趣向を凝らして、餅の美味しさを思う存分味わいましょう。

早速、払うべきものを払い必要なものを買ってくる日でもあります。

明日以降のアルバイトの交通費とそれから必要なもの全て楽天銀行JCBデビット利用して買ったのでポイントもかなり稼いだのではないかなと思います。(こういう時がチャンス)

中にはデイリーヤマザキで買ったものもあるので、ポイントもその分貯まります。

それと同時に楽天証券にも入金をしておきました。

一年分の積立投資をまとめて入れておきたかったからです。(一月の積立額は130円なのでそこまで大きくはないので)

給料が入ったら必要な部分はさっさと買ってきて、積立も早めに分けておいて残りで生活すればいいという感じでやってけばいいかなと思います。

そして、家計簿アプリとポイントカードと楽天銀行JCBデビットとうまく組み合わせて利用すればポイントもしっかり貯まるし、楽に家計管理が出来るのでポイントをしっかり運用出来るのではないかなと思います。

キャッシュレス化を推進していくのであれば、こういうところをうまく活用してけばいいんじゃないかなと思うのです。

もちろん貯めたポイントで投資してリターンを増やせばお金も貯められるし、無理なく楽しめるものになります。

10代の頃から華やかでキラキラとしていた宮沢りえさん。デビューした時から飛びぬけた存在感があり、女性からも多く支持を集めています。これまで私生活では色々とありましたが、結婚・離婚した後現在はV6の森田剛さんと再婚されています。その宮沢りえさんのことを最近ワイドショーが取り上げており、それが「トレードマークが消えた?」という内容だったのです。

トレードマーク?と思ったのですが、どうやら鼻の横にあるほくろを除去したという事だったのです。少し前にCMで流れていた宮沢さんを見て、いつまでも綺麗な人だなぁと思って見ていましたがほくろの事は気づきませんでした。わざわざ若いころの写真を持ち出して来て比較し、宮沢さんのほくろが大きくなったと指摘していました。医師まで登場し、「レーザーで除去したのでしょう」と解説していました。

宮沢さんにとってほくろがどのような存在だったのかは不明ですが、ほくろってある場所によって印象が変わるのでもし宮沢さんが悩んでいたならば気持ちはよく理解できます。私には大きく目立ったほくろはありませんが、数はかなり多くできることならば消したいぐらいです。ほくろがない女優さんって多いですし、やっぱりなければない方がいいなと感じました。

火の玉サッカーや岩の持ち上げコンテストなど、世界にはたくさんの珍スポーツがありますが、これらは相当な危険を伴い、誰もが気軽にできるわけではありません。 そんな中、性別や年齢、体格も関係なくできる「みかんの皮飛ばし」という珍スポーツがあります。

投げる皮の大きさや形、投げ方は関係ない「みかんの皮飛ばし」は、どんなみかんを選ぶのか、どうやって投げるのかをよく考えなければなりません。 地味でつまらなそうですが、様々な要素がうまくかみ合ったとき、驚異的な記録が生まれる意外と奥が深いスポーツです。

たかが「みかんの皮」と侮ることができません。 うまい人は数十メートルも飛ばす「みかんの皮飛ばし」が行われている場所は、日本にいくつかあります。その中でも静岡県藤枝市の小さな集落が点在する瀬戸谷地区で開催されるイベント「せとやまるかじり」で行われる「みかんの皮飛ばし」が有名です。 子供や女性、男性のように、複数のクラスに分かれて飛距離を競うこのスポーツは、2012年の男性部門最高記録が42.1mだったそうです。 どんな投げ方をするとそんなに飛ぶのか、見てみたかったです。

「面白そう」と思った人や、興味を持った人は、“百聞は一見にしかず”です。 ネットに載っている情報を調べてみましょう。 機会があればイベントに飛び入り参加してみるのもよいかもしれません。

今日はポイントサイトのポイントを換金しました。ポイントサイトのポイントは先月から沢山貯まっていたのでそれをすべて換金してしまいました。

私の性格上なんだか手元に残しておくと気持ちが悪くなってしまいますから、やっぱりすぐに換金できる額になったら換金してしまおうと思っています。

中には何十万と稼いでいる方がいると思うのですが、そういう方のようになりたくて今頑張っています。でもなかなか友達になってくれる方もいず途方に暮れています。もう少し頭をひねらせてなんとかやっていきたいなと思っているのですがまだまだ止まっている段階です。

私は何と言うのでしょうか、商売には向いていないのかななんて自問自答してしまいますがそれでもやっぱり生きていくためにはお金が必要ですし、世の中お金お金お金お金という感じなのでやっぱりしっかりと稼がなければならないと思っています。

ただ、今は子育て中、子供二人を抱えるお母さんですので外で働くということがなかなか出来ていませんが世の中にはそんなことをいっていずに働く方が多いので私も頑張らなければならないなと思う毎日を過ごしています。

なんとかもう少し自分に体力をつけて子供を出産する前までに戻りたいなと思っています。

手作りお菓子を作るのが大好きでよく作っていましたが、今回初めて自家製天然酵母を使ってマフィンを焼きました。

今までは普通にベーキングパウダーでふくらませて作っていたのですが、初めての天然酵母のマフィンということで、楽しく作ることができました。

小麦粉、バター、砂糖、玉子などを混ぜるところまでは一緒ですが、その中に天然酵母を加えて、4時間?6時間暖かいところで発酵させます。

作る前は、「せっかちだからそんなに何時間も待っていられるかな」と心配していましたが、逆に空いている時間にスーパーに買い物に行ったり、野菜を切ってタッパーに入れたりと、お昼ごはんや夕ごはんの下ごしらえなどに使うことができて、時間を有効に活用することができたので、そのほうが返って好都合でした。

焼き時間などは普通のマフィンと同じでした。

焼きあがったマフィンを、まだ温かい焼き立てのうちにおやつにいただきました。

今回はコーヒーナッツマフィンだったのですが、コーヒーの香りが効いていて、焼き立てということもあり、とても美味しくいただきました。

天然酵母だと長時間発酵させるせいか、今まで作ったものよりもコクがありました。

今度は何のマフィンを焼くか、考えるのが楽しいです。

ちまたで噂の都市伝説。

中でも予知能力という能力を信じますか?

世の中では、科学では解明できない不思議な力を持っている人間がいます。

超能力、千里眼など普通の人間には備わっていない能力です。

例えば夢の中で起こったことが翌日に、本当に起こってしまったり、念じると数ヶ月後のことが見えてしまったりすることはありませんか?

もしくは、何となく「デジャヴだな」と言ったことなど。

もしも未来に悪いことが起こりそうで、それを回避できそうな場合は、万が一には人の命にもかかわることです。

それが解っていれば危機を救える人間にもなれそうです。

実は私、最近このデジャブを体験しました!

先日夢の中で頭上から、怒鳴られる夢を見たのです!

次の日、職場でソリの合わない上司から、いわれのない事でとても怒鳴られて怒られました!

「こっ、これをデジャヴと言わずしてなんというのだろうか!」←怒られながら、スゴイ。私と思ってた(笑)!

しかし残念ながら、自分で自分の身を守ってはあげれませんでした。

なぜなら本当に身の覚えのないことで怒られたのだから。

うーん。残念!

こんな予知能力、はあってもどうなのか?!とても思う出来事でした。(泣)

では。